ダイエット研究所
ダイエット研究所では巷に出回るダイエットサプリを成分面から解説します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヴァジュール スペシャル2007 II

本性は下剤!?
ヴァジュールスペシャルⅡ

ヴァジュール スペシャル2007 II

何度もモデルチェンジされ継続販売している「ヴァジュール スペシャル」シリーズ。果たしてその実力の程は?
【総論】
 危険なものではないようです。
 フーカスなど代謝を促進するものも入っているのですが、酸化マグネシウム、シャンピニオン、キノコキトサンがメインの成分となっていることから基本的には下剤です。
 しかし、下剤によって体重を落とすことは確かに可能なので、ダイエットとしての効果は見込めるでしょう。ただし、1~2ヶ月で勝負するときに使うのはいいのですが、それ以上の長期に渡って使用するのは避けたほうが良いかもしれません。

これも成分が多いので、主だったものに絞りました。
●フーカス
 最近はやりの成分ですね。
 フーカスとは、北海の北欧諸国沿岸および大西洋沿岸の岩に固着する海草です。
 フーカスには、ヨウ素が豊富に含まれています。ヨウ素は、甲状腺ホルモンをつくる材料になり、交感神経を刺激して、タンパク質や脂質、糖質の代謝を促進させます。

●酸化マグネシウム
 一般的な下剤です。酸化マグネシウムは腸壁に留まり、後で飲んだ水分が腸壁に吸収されるのを防ぎ、水分が便に行き渡るようにします。
 
●シャンピニオンエキス
 シャンピニオンは西洋マッシュルームの一種であり、腸内の善玉菌を増やし悪玉菌をやっつけます。これにより、便秘解消および口臭・体臭・便臭を抑える効果があります。
 短期間では効果が期待できないので、継続して利用する必要があります。

●ローズヒップ
 バラの実です。
 ビタミンCが豊富で、同量のレモンの20倍も含まれており、自然界で最もビタミンC濃度が高い植物です。また、カルシウムや鉄分も豊富に含まれています。
 美肌効果が期待できます。
 
●ギムネマエキス
 インド南部や熱帯アフリカに自生するカガイモ科のツル性植物です。
 腸からの糖質吸収をカットする働きがあります。

●キノコキトサン
 きのこの食物繊維である「キチン」から抽出したものです。キチンはカニやエビの殻などから採ることもありますが、アレルギー反応が起こる場合もあります。それに対し、きのこ由来のものはアレルギー反応があったという報告はありません。
 キノコキトサンは色々な効能が謳われていますが、最も信憑性の高く、ダイエットにも関係がある効果はキチンの食物繊維による「便秘解消」効果です。

人気blogランキング
↑お役に立ちましたら、押していただけると幸いです。

ブログランキング
↑こちらもお願いできたらと思います。

ヴァジュール スペシャル2007 II

スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wanderer0827.blog64.fc2.com/tb.php/4-f2674edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。